喜ばれるためのコツ

胡蝶蘭胡蝶蘭は、多くの人が知るところの贈り物に適した花です。とはいえ、定番的な存在にも少し注意点があります。それは、ありふれた贈り物であるだけに、気持ちが伝わりにくいかもしれないということです。会社経営者や年配の上司ともなれば、これまでにも贈られた経験があるといったケースも少なくないことでしょう。そうなれば、せっかく真心込めて用意した胡蝶蘭も、少しもったいないことになってしまいます。

そんなときは、喜ばれるためのひと工夫を盛り込んでみてはいかがでしょうか。たとえば、土台部分にこだわるという方法です。同じ胡蝶蘭であっても、鉢や包み紙の工夫は自由自在です。お店や贈る相手に合った色味、好きな色味の包みや、一点ものの陶器鉢などを使用すれば、特別感が強まりより喜んでもらえるかもしれません。

続いて、花のアレンジメントも有効です。胡蝶蘭は白が一般的ですが、そのほかに黄色や紫、ピンクも入っているようなパステル系の種類も存在します。そのため、花の組み合わせによって印象をアレンジすることができるのです。また並びを工夫して、ハート型やキャラクター型に仕上げたものも相手によって喜ばれるかもしれません。

その他、メッセージを忍ばせる工夫も有効でしょう。対面で伝えられる感謝やお祝いも良いですが、落ち着いて見られるメッセージを通しての心遣いも喜ばれやすいです。気持ちを込めて、工夫してみてください。


胡蝶蘭である理由とは

それでは、続いて本題である、なぜお祝いに胡蝶蘭が重宝されるかをご紹介します。これについては、いくつかの理由があります。まずひとつめは、中でも代表的な理由であるといえるでしょう。それは、胡蝶蘭の花言葉が縁起の良さを感じさせてくれるためです。胡蝶蘭の花言葉は、「幸福が飛んでくる」「変わらぬ愛」といったものです。福を呼び込むことに加えて、不変の幸せへの願いも込められる花となれば、まさにお祝いにぴったりといったところです。また形状も鉢植えであることが多いため、幸福を根付かせるという印象に繋げられます。

華やかさ続いて、雰囲気の華やかさについてです。数ある植物の中でも、きれいな蝶が飛んでいるような花というのはそうそう見られません。さらには複数が整列しており、清潔感のある白色という点も印象的です。それにより、受け取る瞬間はもちろん、部屋やお店、会社内に飾る上でも存在感を発揮してくれます。さらには花持ちが良いという特徴も持ち合わせているので、インテリアに最適な印象です。

そして、周囲を不快にさせないという点もポイントです。というのも、大きな花であるにもかかわらず、そこまで香りが強くないため、強い香りが苦手な人でも好印象に感じられるのです。花粉も少ないので、床やお客さんの服などを汚す心配もあまりいりません。


胡蝶蘭という花

花にそこまで詳しくない人は、もしかすると胡蝶蘭と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。ですが、ひと目見さえすれば、あの花かとすぐ記憶を呼び起こせるかと思われます。なぜなら、それほどに特徴的な花であるためです。

胡蝶蘭名前の通り、蝶が舞っているような花弁を連ねる花となっています。白い花びらが一般的で、花粉の黄色と相まって何とも華やかでポジティブな印象を与えてくれます。種類はラン科で、学術的にはファノプレシス属に分類されています。日本では白い花弁の「胡蝶蘭らしい胡蝶蘭」といったタイプが定番ですが、細かく分けると15,000種以上にも及ぶ種類の多い花でもあります。

かわいらしい印象の花ではありますが、成長すると比較的大きなシルエットになる点も印象的です。それこそ、開店祝いや開業祝いであれば真新しい店内を彩るインテリアのような存在感とも誇るほどです。鉢植え植物であるため、安定感がある点もそうした役立て方に活かされている理由でしょう。

あらゆるお祝いで利用されることから、専門店が多い点も胡蝶蘭ならではでしょう。専門店であれば、多用な種類から選べる上、マナーに関する豆知識などを教えてくれる場合も少なくありません。こだわってお祝いする際に、心強い存在となってくれることでしょう。


胡蝶蘭はお祝いの定番

花は、あらゆるおめでたいシーンで用いられます。華やかで幸せな印象を感じさせるものが多く、また真心が伝わるという意味でも理想的です。その他、古くからの慣例になっているという意味合いでも魅力的でしょう。慣例に則って気持ちを伝えてくれている、そんな背景も相まって、より一層喜ばれるといったところです。とはいえ、花であれば何でも良いわけでもありません。同じ花でも、お祝い向きとそうでないものがあります。胡蝶蘭は、中でも代表的なお祝い向きの花です。

お祝い胡蝶蘭がもちいられるのは、開店祝いや開業祝い、退職祝いなどが一般的です。お祝いといえば胡蝶蘭のようなイメージも強いため、一般常識のある人からすれば、ただそこに飾られているだけでおめでたい雰囲気が感じられるといったケースも少なくないことでしょう。そうした風習が根付き始めたのは、約20年前といわれています。企業間の慶弔時において胡蝶蘭を贈り合うことが定番化し、今ではなくてはならない存在となってきているのです。ひとつの企業が贈れば、贈られた企業もまた贈り返すのがマナーとなれば、今後に至っても胡蝶蘭の需要はもはや途切れることがないともいえるかもしれません。

ではいったい、なぜこのような風習が根付いたのでしょうか。花を贈り合う風習ができたからとはいえ、華やかな花であれば他の種類でも問題なかったはずです。にもかかわらず、胡蝶蘭という特徴的な花が選ばれています。当記事では、胡蝶蘭の特徴その理由について詳しくまとめています。気になる人は、ぜひチェックしてみてください。