胡蝶蘭という花

花にそこまで詳しくない人は、もしかすると胡蝶蘭と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。ですが、ひと目見さえすれば、あの花かとすぐ記憶を呼び起こせるかと思われます。なぜなら、それほどに特徴的な花であるためです。

胡蝶蘭名前の通り、蝶が舞っているような花弁を連ねる花となっています。白い花びらが一般的で、花粉の黄色と相まって何とも華やかでポジティブな印象を与えてくれます。種類はラン科で、学術的にはファノプレシス属に分類されています。日本では白い花弁の「胡蝶蘭らしい胡蝶蘭」といったタイプが定番ですが、細かく分けると15,000種以上にも及ぶ種類の多い花でもあります。

かわいらしい印象の花ではありますが、成長すると比較的大きなシルエットになる点も印象的です。それこそ、開店祝いや開業祝いであれば真新しい店内を彩るインテリアのような存在感とも誇るほどです。鉢植え植物であるため、安定感がある点もそうした役立て方に活かされている理由でしょう。

あらゆるお祝いで利用されることから、専門店が多い点も胡蝶蘭ならではでしょう。専門店であれば、多用な種類から選べる上、マナーに関する豆知識などを教えてくれる場合も少なくありません。こだわってお祝いする際に、心強い存在となってくれることでしょう。