胡蝶蘭はお祝いの定番

花は、あらゆるおめでたいシーンで用いられます。華やかで幸せな印象を感じさせるものが多く、また真心が伝わるという意味でも理想的です。その他、古くからの慣例になっているという意味合いでも魅力的でしょう。慣例に則って気持ちを伝えてくれている、そんな背景も相まって、より一層喜ばれるといったところです。とはいえ、花であれば何でも良いわけでもありません。同じ花でも、お祝い向きとそうでないものがあります。胡蝶蘭は、中でも代表的なお祝い向きの花です。

お祝い胡蝶蘭がもちいられるのは、開店祝いや開業祝い、退職祝いなどが一般的です。お祝いといえば胡蝶蘭のようなイメージも強いため、一般常識のある人からすれば、ただそこに飾られているだけでおめでたい雰囲気が感じられるといったケースも少なくないことでしょう。そうした風習が根付き始めたのは、約20年前といわれています。企業間の慶弔時において胡蝶蘭を贈り合うことが定番化し、今ではなくてはならない存在となってきているのです。ひとつの企業が贈れば、贈られた企業もまた贈り返すのがマナーとなれば、今後に至っても胡蝶蘭の需要はもはや途切れることがないともいえるかもしれません。

ではいったい、なぜこのような風習が根付いたのでしょうか。花を贈り合う風習ができたからとはいえ、華やかな花であれば他の種類でも問題なかったはずです。にもかかわらず、胡蝶蘭という特徴的な花が選ばれています。当記事では、胡蝶蘭の特徴その理由について詳しくまとめています。気になる人は、ぜひチェックしてみてください。