喜ばれるためのコツ

胡蝶蘭胡蝶蘭は、多くの人が知るところの贈り物に適した花です。とはいえ、定番的な存在にも少し注意点があります。それは、ありふれた贈り物であるだけに、気持ちが伝わりにくいかもしれないということです。会社経営者や年配の上司ともなれば、これまでにも贈られた経験があるといったケースも少なくないことでしょう。そうなれば、せっかく真心込めて用意した胡蝶蘭も、少しもったいないことになってしまいます。

そんなときは、喜ばれるためのひと工夫を盛り込んでみてはいかがでしょうか。たとえば、土台部分にこだわるという方法です。同じ胡蝶蘭であっても、鉢や包み紙の工夫は自由自在です。お店や贈る相手に合った色味、好きな色味の包みや、一点ものの陶器鉢などを使用すれば、特別感が強まりより喜んでもらえるかもしれません。

続いて、花のアレンジメントも有効です。胡蝶蘭は白が一般的ですが、そのほかに黄色や紫、ピンクも入っているようなパステル系の種類も存在します。そのため、花の組み合わせによって印象をアレンジすることができるのです。また並びを工夫して、ハート型やキャラクター型に仕上げたものも相手によって喜ばれるかもしれません。

その他、メッセージを忍ばせる工夫も有効でしょう。対面で伝えられる感謝やお祝いも良いですが、落ち着いて見られるメッセージを通しての心遣いも喜ばれやすいです。気持ちを込めて、工夫してみてください。